ブログblog

西新宿 彩旬亭

2019.09.23ブログ

結婚式ヘアメイクのポイント


人生で1度の晴れ姿。女性なら誰しもが憧れる結婚式。
そんな特別な日だからこそ綺麗な自分を残したい。そう思う女性は多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、ブライダルヘアメイクで失敗しないための3つのポイントをご紹介します。





①ブライダルメイクとは                      





ブライダルメイクを見たことがある方は普段のメイクより「濃いめ」の印象を持った方もいらっしゃるかもしれません。
そうです。ブライダルメイクは普段よりも「濃いめ」です。
理由としては、「ドレス負けしないように」「遠くからでも美しく見えるため」「写真映えするため」が主な理由です。
ドレスやアクセサリーも、普段使いのものとは違ってどれも華やかで印象の強いものが多いです。普段通りのメイクだと華やかなドレスとアンバランスになってしまいます。
ただ、濃くするからといってケバくなってしまっては花嫁らしさを損なってしまいます。
また、あまり遠くからだけを意識してもいけません。結婚式では、実際に近くでご挨拶する機会も多いのです。
ここがプロの腕の見せ所で、「ナチュラルに見えるのにいつもより綺麗で華やか」を目指します。
一番の腕の見せ所はやはりツヤのある肌です。
何種類ものファンデーション、ハイライト・ローライトを使いしっかりとした、でも艶々の肌を作ります。
肌がとても綺麗に仕上がるとポイントメイクもより映えます。そして忘れがちですが、顔の色と馴染むようにデコルテや腕など出ている部分もしっかりとメイクしましょう。
肉眼では同じ肌色に見えても、すっぴんで写真に映った時のように顔は光を反射しているのに、体は反射しないとズドンと黒く写ってしまいます。
ボディには、ボディ用ファンデーションでさらっと仕上げますので、ドレスに色が付かない配慮もしています。
当ヘアサロンでは、ご希望のある方にはこの上にキラキラのラメをお付けしています。
結婚式当日は感動のシーンも多々あると思います。そのため涙でも1日メイク崩れしないように、アイラインやマスカラはウォータープルーフにしたり、アイシャドウが薄くならないようなテクニックを使ったりもします。
またブライダルメイクの特徴としては普段のメイクと違って身に着けるものが先に決まっているということです。









ヘアメイクオーダーの仕方






ドレスや身に着けるものがバッチリ決まっても、当日のヘアメイクが自分のイメージと違うなど、失敗はしたくないですよね。
ここでは失敗しないための準備やオーダーの仕方をご紹介します。

・自分のなりたいイメージ画像を持っていく
ここで重要なのは衣装試着時の写真を必ず持っていきましょう。
そうすることで、ウェディングドレスとヘアメイクのバランスを写真を見ながら相談することができます。
また、一緒に結婚式場の会場パンフレットや写真(式が行われる時間帯の写真がベスト)も持っていくことで、ヘアメイク担当者にも二人の結婚式のイメージを共有しましょう。
ヘアスタイルやメイクに関しても、切り抜きや画像を持っていくことでイメージをヘアメイク担当者へ具体的に伝えることが大切です。
この時に好みの例も大切ですが、これはイメージと違うという例の写真もあるとより担当者とイメージが共有できるでしょう。

・普段の自分メイク写真を持っていく
普段の写真を持っていくことで、ヘアメイク担当者に普段どのようなメイクをしているのか知ってもらいましょう。
結婚式列席などでヘアセットしてある写真があればなお良いです。
その際に、自分のこだわりやコンプレックスなどをヘアメイク担当者へ伝えることでその点を考慮した提案もしてくれます。
また事前にやりたいメイクのこと(眉毛の書き方等)をまとめておくと打合せの際にスムーズに進めることができます。





・新郎のヘアメイクについて
先ほどまでは新婦の内容ばかりでしたが、忘れてはいけないのは新郎のヘアメイクです。
新郎の場合は、まず結婚式のヘアメイクプランに含まれているのかを確認し、もし含まれていなかった場合は別でヘアメイクをお願いするのか決める必要があります。
バッチリヘアメイクの新婦の隣に並ぶわけですからあまり普段通りというわけにも行きません。写真写りの栄え方も違ってきます。
新郎のヘアメイクのポイントは新婦と違って「してないように見えるのにいつもよりカッコイイ」です。決してメイクしてる感は出しません。
それでもファンデーションを塗り、眉を整え、必要があればお客様に分からない様なテクニックで眉も描きます。
当ヘアサロンでは新郎にも是非ヘアメイクして頂く方が良いと考えているため、基本コースに無料でお付けしております。




③ヘアメイクリハーサルについて





大体の場合はブライダルヘアメイクプランの中にヘアメイクの打合せが含まれています。
しかしながら、この打ち合わせは口頭ベースでの相談だけとなります。そのため、結婚式当日の前に実際にヘアメイクをしてもらうことがヘアメイクリハーサルです。
その場合は別料金が発生し、相場としては1回1万円前後となります。リハーサルに要する時間は大体2~3時間程度です。
さらに、いくつかのパターンを試す場合は、追加料金がかかる場合もあります。
リハーサルを行うタイミングとしては結婚式当日の2週間前~1週間前までの間に行うのが一般的です。

しかし当ヘアサロンでは3~4週間前を推奨しています。理由としては、リハーサル時に良いと思って帰っても、その後に親姉妹・新郎などの意見から別の髪型を試したくなる方もいらっしゃるからです。
そんな時日程がギリギリだと再リハーサル日程を組むのが難しくなります。
勿論、こうと決めたら迷いがない!という方は1~2週間前でも良いと思います。

ここまでヘアメイクリハーサルの費用と時間に関する部分をご紹介しましたが、ここからはヘアメイクリハーサルを行うメリットをご紹介します。

・いろんなパターンを試すことができる
実際にセットしてみたら自分のイメージと違った、自分には似合わなかったということはありませんか?
当日にいきなりヘアメイクを変えることは難しいので事前に試して自分が気にいるヘアメイクかどうかを試してみましょう。

・プロからのアドバイスがもらえる
事前にリハーサルをするので当日までに前髪を○cm切った方が良いなどの自分のイメージに合ったヘアスタイルにするための事前準備を行う際のアドバイスがもらえます。
当ヘアサロンではカットなども行えますので当日のヘアメイクに合わせてカラーやカットをしたり、その色に合わせて付け毛を染めることも可能です。いつもの担当美容師さんにお願いしたい場合は◯㎝切ったら良いなどのアドバイスも致します。

・冒険ができる
リハーサルのため、普段とは違う思い切ったヘアメイクを試すことができます。
もしかしたらその思い切った冒険ヘアメイクから自分の新たな一面に出会うことができるかもしれません。





当ヘアサロンではリハーサルする事を推奨しているため基本コースにリハーサルが含まれます。
(不要な方は外すことも可能です)




今回はブライダルヘアメイクで失敗しないための3つのポイントをご紹介しましたが、やはりヘアメイク担当者との細かい共有とコミュニケーションをとることが重要となりますので、技術だけでなく人柄的に合うかどうかも重要です。
やはり事前にヘアメイクリハーサルをしてヘアメイク担当者に会っていた方が当日安心なのではないでしょうか。
リハーサルをしてみてどうしても担当者と合わない場合は変更できることも多いです。
当ヘアサロンではヘアメイクリハーサルのみを行い当日の依頼有無を決めることも可能です。

結婚式前は式場との打合せや準備などで忙しいですが、ここまでお伝えしたとおり、ヘアメイクも大切なポイントです。結婚式当日を、素敵で最高な1日に出来るよう、是非余裕を持って満足のいくヘアメイクになるよう、お早めにお考えください。


プライベートサロンMOANA BLUE